Bitbucketでソースコード管理するよ!(1)サインアップ

伶王です。

ちょっとしたウェブサイトの開発もバックグラウンドではプログラムを動かして表示していたりするわけで、そうするとソースコードのバージョン管理なんかもちゃんとやっておかないと、しばらくたつと「あれ、なんだっけなあ」と思うことがでてきたり

時間がもったいない。

そして、所有コンピュータが何台かあると最新データをローカルに保持するのが大変になるので、ついついtちょっとした変更をサーバーで直接やっちゃうというダメ管理を自分一人のサイトだとついやってしまいがち。

という反省から、個人サイトもバージョン管理しようと思った。

というわけで、web上でソースコードのバージョン管理ができるクラウドサービスを使う事にしたよ!

githubが有名だけど、たしかソースコードが全部公開になってしまうんだよね。その点が自分の希望にあわないので、公開と非公開を選べるBitbucketにすることにした!

というわけで0からBitbucketをマスターするよ!

ドキュメントを順番に読んでインストラクションにしたがおうと思うんだけど、いっぺんに全部やる時間がなくて細切れにやってると前回やったことを忘れちゃうんだよね。なんという鳥頭。

そんなわけで、以前途中までやったのをすっかり忘れてしまい、再開しようとしたけど何がなんだか既にわからなくなっていたのでもういっかい最初からやるよ!

そして、今回はやったことをブログにまとめていこうと思うんだ。
そうすれば多分。マスターできると思う。

(1)サインアップ! 

というわけで。まずはユーザー登録だよね。bitbucketのサイトにいって「Sign Up」のリンクから登録だよ。

たぶん、この登録は伶王はもうやったと思うんだ。アカウント名忘れたな。どっかに書いておかなくては。

はい。とりあえずログインできました。

そして次から、こちらのドキュメントに従って作業をすすめていくよ。

Bitbucket 101

DVCS か Bitbucket についてよくわかってない場合はインストラクション手順を順番に全部やってね!と書いてあるから順番にやります。

まずはこちらから
Set up Git and Mercurial on Windows (or Mac OSX or Linux)

というところで次回へ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>